イデア・コンサルティング京都

株式会社イデア・コンサルティング京都
紙の文化からデジタル化でスマートに

紙の文化からデジタル化でスマートに

背景

紙の資料作成や回覧では、リアルタイムな情報伝達が出来きない現状

化学品の専門商社として世界約50カ国と取引を行っているM社は、今までエクセルやワードを駆使して書類のやり取りを行ってきました。しかし、昨今の港湾事業の混雑の慢性化やコンテナ不足による運賃の高騰など不透明感がある状況が続いています。このような状況により、需要があってもスケジュール通りの調達ができないことで、納期調整が業務の中心となっています。紙の資料作成や回覧では、リアルタイムな情報伝達が出来きないこと、属人化した業務によって作業が滞ってしまうことが発生しており、標準化したルールと情報共有は早急な改善テーマとなっていました。

DXプロジェクトによる効果

課題の整理、ITツール選定と運用ルールの改善策などとことん話し合う

私たちと共に「IT化推進プロジェクトチーム」を発足して、約4ヶ月に及ぶ現状業務のヒアリングを通して、課題の整理、ITツール選定と運用ルールの改善策などを話し合いました。課題や要件については、事前にコミットされていたため、システム導入でのヒアリング時間は大幅に削減されて、短期間にクラウド化された「貿易システム」の導入と「経費精算システム」による合理化が進められました。この結果、当初の目的である「間接部門の事務の合理化」と「データの電子化」を実現しました。また、情報共有とペーパーレス化によりテレワークの推進にも貢献しています。